やっぱり気になる小さな胸

思春期のときは、だんだん大きくなっていく胸を見て、大人の女性になれる気がしてとても嬉しかった。
しかし、胸の成長がストップするのは早かった。
高校に入学したころから成長は止まり、今では当たり前のようにAカップである。

モテアンジュ

胸が小さくて一番困ることは、下着屋に買い物に行っても、選択肢が少ないこと。Aカップ用の下着は種類があまりなく、かわいい!と思ったデザインのものを見つけても、サイズが合わないことがしばしばある。

逆にいいこともある。学校の体育の授業の時間などで、胸の大きな子が走っている姿を見ると、重そうだな、走りづらそうだな、といつも思っていた。
私の場合は、胸が邪魔だと感じたことは一度もないし、胸が重たくて肩を凝るといった悩みとは無縁である。

私は身長が150cm以下と小柄なので、バランスはむしろ良いのではないかとすら思っている。
低身長かつ大きな胸の方は、自分の体形にあう洋服を探すのにとても苦労するという話を聞いたことがあるが、
私の場合は胸が発達していない子供用の服でも平気で着ることができてしまうのだ。

このようにポジティブにとらえれば、この大きさの胸でもいいのではないか…と思いつつ、やはり適度に大きな胸にあこがれて、「バスト サイズ アップ」などと検索してしまう自分に悲しくなってしまうのであった。