夏から秋にかけてのお肌ケア

紫外線、クーラー、皮脂分泌…
夏のお肌はダメージにさらされ続けています。
夏は汗をかいたり、脂の分泌が多くなる分、乾燥とは無縁、どちらかというとテカり対策をしなくちゃ、と思っていませんか?

http://redfarm.jp/

ところが、夏は自覚している以上に水分不足になり、乾燥に繋がりやすいんです。
空調の効いた部屋の中にいれば、お肌の水分蒸発が早くなりますし、水分不足になったお肌は保護する力が弱くなり、皮脂分泌が活発になります。
さらに、水分不足や乾燥が進んだお肌は水分量が多いお肌に比べて紫外線を吸収しやすいと言われています。

そして、紫外線ダメージを受けたお肌は、シミ、シワ、乾燥、たるみ、くま、などあらゆる老化に繋がっていきます。
なので、夏の終わりから秋にかけてのケアは今年の秋冬のお肌のコンディションを左右する重要な時期なんです!
紫外線ダメージはアフターケアが命。

乾燥や、水分不足という自覚がなくても、思っている以上に水分不足になっているので、化粧水をたっぷりつけたり、パックをしたり、いつものケア+念入りに水分を与えてあげましょう。
例え、日に焼けて黒くなってしまったとしても、アフターケア次第ではその後のダメージを軽減することができます。

逆に、そこのアフターケアを怠ると、来年までそのダメージを引きずってしまう事になりかねません。
今からしっかり対策していって、「どんな季節でも潤うお肌」を目指していきましょう!