ダイエットと矯正治療

ダイエットといえばやはり食事制限。http://www.baladrarbeachbar.com/

コロナによる自粛期間中に食事に加え完食が増え、運動することも減って体重が増加してしまい20代女性の筆者としては悩ましいところです。

痩せるために食べる量を減らさねばと思いつつも止まらないスーパーのお菓子コーナーへの足運び…。ただ食べる量を減らそうと思うだけでは軽率に推しガチャに課金してしまうような意志の固さ()の筆者にただ食事制限するなんて夢のまた夢です。そこでふと「食べ物を食べたくないと思う状況に自分を追い込んでしまえば良いのでは?」と考えました。この一文だけ読むとなかなか物騒だなとも思いますよね、そんな危険なことではないのです。実は筆者、幼少期より歯並びが悪いことがコンプレックスだったのです。…察しが良い方は勘付いたかもしれませんね。そう、矯正治療を始めたのです!矯正器具をつければ隙間に食べ物が挟まるのが嫌だ→食べる量が減るという安直な考えです。矯正開始から半年ほど経過しましたが筆者の体重変化はというと、なんと3キロ減っております!何がよかったのか筆者なりに考えました。やはり単純に完食がなくなったことと、食事のバランスが心なしか良くなったのかなと感じました。器具を装着すると事前に想定していた以上に隙間に食べカスが挟まって食事のたびに歯磨きを行なっていたのですが歯磨きが面倒だから1日キッチリ三食の食事のみで完食がなくなりました。まさに思惑通りの行動です。そして三食で満足できる食事を考えなければと思うようになり、献立も栄養バランスを考えるようになったのです!

単純な食事制限だけでは辛いという方でもし矯正治療も考えているなら矯正治療による食事制限ダイエットというのも考えてみてはいかがでしょうか?笑

ただし本記事はダイエットのために矯正治療を勧めるものではなく、また本記事を見て矯正治療を始めたことでの体調不良や矯正の失敗などに一切の責任を負いかねます。やってみようと思う方は自己責任でお願いします。