髪の毛のコシがなくなってきたら?頭皮マッサージをすべき理由

中年になると、女性は髪の毛のコシが失われてきます。髪の毛のコシは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量と関係があるためです。エストロゲンは、髪の毛の成長を促す働きをします。 

ニューモ育毛剤は販売店で購入可能?使ってみた効果と口コミ評価を紹介!

エストロゲンの分泌量は、女性の場合、30歳前後がピークで、その後、徐々に減っていきます。エストロゲンの分泌量が減少するのに伴い、髪の毛のコシは少しずつ失われていきます。

女性ホルモンの分泌量が減少すると、もともと持っている男性ホルモンが優位に働きます。女性でも、男性ホルモンが原因の薄毛の心配が出てきます。コシを少しでも復活させるために、頭皮環境を良くすることが大切です。

頭皮環境を良くする、一番の方法がシャンプーです。洗いすぎはよくありません。洗髪は、寝る前だけに留めましょう。洗髪時に頭皮をマッサージすると効果的です。この際、頭皮マッサージ用のブラシで刺激すると、「立毛筋」が刺激されます。立毛筋は、髪の毛を支える筋肉です。毛穴の真下にある筋肉で、髪の毛のボシュームに関係があります。

髪の毛のコシが失われると、抜け毛が増えることがあります。頭皮環境が悪くなっているためです。抜け毛を増やさないためにも、コシがなくなってきたら、頭皮環境を整えることが大切です。