バストが貧弱な為に悩みます

バストが小さいことが嫌で、悩むものです。

悩むけれども、ぜいたくな悩みとも感じるのです。

わたしが40歳でお友達も40歳を過ぎた頃の時に、お友達は乳がんになったのです。

一度目の手術を終えた際には、友達のわたしに遠慮がちに報告してくれたのです。

モテアンジュ

でも再発の可能性があると友達は知っていたのでしょう。

数年後に彼女は乳がんにより、この世を去りました。

この事実を思うと、わたしは小さい乳房でも諦めないといけないものかと思うのです。

以前乳房を撮影する検査をしたことがあるのです。
マンモグラフィの検査は、X線で行います。

機械に片方ずつの乳房を挟むものですが、
わたしはとても恥ずかしい思いをしました。

バストが小さめですから、乳房を機械で挟む検査に四苦八苦したのです。

片方ずつの乳房を挟み乳房を押しつぶしてから、撮影に入ります。

検査をしてくれる人は、職業柄なれているとは思うのですが。
わたしはこの様な検査は初めてで、台の上に乳房を置く事が小さいために難しかったのです。
この時に貧弱な乳房に、テレと恥じらいを感じました。

この検査は乳房から脇の下にあるリンパ節にかけての、大きさや形などがわかるものです。

バストに悩むわたしですが、乳がんの心配もないから贅沢に思い悩むと思います。
今度生まれ変わったならば、バストの悩み等ない女性になりたいのです。