パサパサ髪の原因と対策

パサパサ髪に悩んでいる方は多いかと思います。そんな方に原因と対策を簡単に紹介します。
パサパサ髪になるとくせ毛や切れ毛、枝毛などの原因になります。この状態は、髪外側のキューティクルが剥がれ内部が空洞になっているからです。
それを引き起こす原因は、髪の毛の内部の水分が不足しているからです。肌と同じように髪の毛にも水分を補給しないとパサパサになります。

ニューモ育毛剤は効果なし?購入して使った口コミと辛口評価をお届け!

次が繰り返してしまうパーマやカラーです。繰り返しのパーマやカラーは髪の毛のキューティクルにダメージを与え、髪の毛内部のタンパク質が流出してしまいパサパサ髪になります。

次がシャンプーによる刺激です。市販品安いシャンプーに多く含まれる界面活性剤も髪の毛をパサパサ化にしている恐れが有ります。余りにも安いシャンプーだと頭皮や髪の毛に必要な油分まで洗い流すことになります。

対策ですが一番のポイントは、キューティクル保護ケアです。まずは髪の毛をきちんと乾かしましょう。濡れた状態だとキューティクルが開いてしまいダメージを受けやすくなっています。次は紫外線のケアです。紫外線は頭皮だけでなく髪の毛にもダメージを与えます。髪様に日焼け止めや帽子などで対策しましょう。最後がトリートメントで保護です。トリートメントは髪の内部に栄養成分を届け髪を補修し保護する働きが有ります。髪の補修や保護はトリートメントを使うしかありません。髪が濡れたままだと搭載が薄くなるのでしっかり乾かした後付けるように心がけましょう。
以上です。原因を知ってきちんとしたケアをしましょう。