消化に良いうどんは病気で寝込んだときに最適です

うどんは消化に良いと言いますが、なぜでしょうか。

確かにうどんを食べた後は、お腹がすくような覚えがあります。

消化に良いとは、どのようなことを言うのでしょうか。

胃への負担が少ない食事を示すようです。

負担が少ないとは、どのようなことでしょうか。

短い時間で消化できることだそうです。

例えば食事では、脂質を含むお肉やお魚は避けることをお勧めします。

また揚げ物の天ぷらや唐揚げ等も避けましょう。

理由は、脂質が一番消化に時間を要するからです。

まあ、体調が悪いときに揚げ物は食べたくないです。

おかゆや玉子酒またすりおろしたリンゴ等でしょうか。

では、早く胃を通過する食事は、何でしょうか。

それは炭水化物だそうです。

体調が悪く胃も調子が良くない場合、うどんやおかゆがベストと言うことです。

しかし、うどんのトッピングや調味料にも注意が必要です。

まず、食物繊維が多い食材は避けましょう。

次に辛いやしょっぱいはNGです。

味は薄めが基本です。

また胃を冷やしてはいけません。

温かいものを食べましょう。

噛む回数を多く、ゆっくりと食べましょう、と言ったことに注意しましょう。

食物繊維は生活習慣病の予防になりますので、いつもの食事に取り入れていきたいと思います。

このように、炭水化物が多いうどんは、消化に良いとわかりました。

薄味に留意して、美味しく頂きます。