「会場をみんなで盛り上がる」それがコンサートの魅力

皆さんは、コンサートは良く行きますか?

私は、学生のときは良く好きなアーティストが市民会館に来ると行っていました。

チケットを買ってから、楽しみにコンサートの日を待ちました。

そのアーティストのCDを毎日聴きながら「この曲は盛り上がるだろうな」

とか「この曲はじっくり聞きたいな」とか想像しながらわくわくしていました。

コンサート当日、会場の席に座ります。席によってはアーティストと席までの

距離が遠くて顔がよく見えないこともよくありました。

でも幕が上がって音楽が流れると距離なんてどうでもよくなってしまいます。

幕が上がってアーティストが登場すると会場に来た人たちみんなが拍手します。

私も思い切り拍手をします。

一曲目から盛り上がる曲だと曲に合わせて手拍子を打ちます。バラードの曲は会場全体が静まり返りみんなで聞き入ってしまいます。アーティストが話す話に感動させられたり笑わせてもらったりします。

普段聴いているCDでは味わえないことです。

コンサートが終わり、幕が下がると今度はみんなで「アンコール」の掛け声と手拍子です。

幕が上がりアーティストが登場すると割れんばかりの拍手と歓声があがります。

コンサートの良い所は間じかでアーティストの歌が聞けることと、会場の人みんなで同じ人を見て、手拍子や歓声で盛り上げ、楽しむことができる場所だというところだと思う。

そこがコンサートの魅力だと思う。

わが家のリフォーム 第二弾

先週近くで開催された完成住宅の見学会にいってきました。

そのハウスメーカーで家を建てて今年で12年になりますが新しい家をみるのが好きで近くなら散歩かねて足を運んでいます。

普段の散歩コースで家を建てているのを知っていたので「そろそろ完成見学会があるかも」と心待ちにしていました。

完成見学の楽しみは間取り、設置されているキッチンを見ることでいずれはわが家のリフォームに役立てばいいなと勉強しています。

最近のお家は玄関の下駄箱と別にクローゼットがあります、収納力が素晴らしいですね。玄関も広めにとって洗面所に直行できる間取りに感心しました。

あとウォークインクローゼットをとっているお家が多くみられました。棚があって棚の下にハンガーをかける棒が設置されて・・・(いいなぁ)。

自分たちの寝室にクローゼット部分をとってありますが前の家で使っていたパイプハンガーと扉付きの家具をおいてあるため圧迫感と物を減らしたいし終活のためにもなると感じ夫にリフォームをしたいと伝えました。

夫はあっさりOKでしたがハウスメーカーに頼もうと思いましたが「いざ」となると費用に怖気づいてしまいました。

DIYは自信がないのでローコストで「リフォームしたよ ~風」になるように昨日考えました。

幅は約150cm。その幅に衣装ケース(幅70cm)も横に置きたい。

現在服をかけるのに幅は150cm近くあるけど服の量は2/3ほどです。

2/3のうちでパンツが数着。パンツはスラックスハンガー(幅50cmがありました)を使えば衣装ラックは70cmでも十分大丈夫、これからもう少し服は減らす予定だし・・・

衣装用のラックは150-70=80(cmはとれる!)

衣装ラックの下にスラックスハンガーを置けば20cm内でワンピースは完璧に収まる!!

あとホコリ除けもしたい、最初は全面をカーテンで覆うタイプがありましたが作るときの作業や商品に対するレビューがイマイチだったので断念。

アラフィフの私たち夫婦が高齢になったときの処分も考えて置くものはシンプルにしたくて昨日の時点では幅70cmの衣装ラックと50cmのスラックスハンガー購入予定で予算は1万円。

現在置いてある家具は有料の処分でお願いしようかと思っています。

昨日電話したから明日見積もりに来てくれます。

昨年 大きいタンスや本棚を処分してこれが「第二弾」です。

消化に良いうどんは病気で寝込んだときに最適です

うどんは消化に良いと言いますが、なぜでしょうか。

確かにうどんを食べた後は、お腹がすくような覚えがあります。

消化に良いとは、どのようなことを言うのでしょうか。

胃への負担が少ない食事を示すようです。

負担が少ないとは、どのようなことでしょうか。

短い時間で消化できることだそうです。

例えば食事では、脂質を含むお肉やお魚は避けることをお勧めします。

また揚げ物の天ぷらや唐揚げ等も避けましょう。

理由は、脂質が一番消化に時間を要するからです。

まあ、体調が悪いときに揚げ物は食べたくないです。

おかゆや玉子酒またすりおろしたリンゴ等でしょうか。

では、早く胃を通過する食事は、何でしょうか。

それは炭水化物だそうです。

体調が悪く胃も調子が良くない場合、うどんやおかゆがベストと言うことです。

しかし、うどんのトッピングや調味料にも注意が必要です。

まず、食物繊維が多い食材は避けましょう。

次に辛いやしょっぱいはNGです。

味は薄めが基本です。

また胃を冷やしてはいけません。

温かいものを食べましょう。

噛む回数を多く、ゆっくりと食べましょう、と言ったことに注意しましょう。

食物繊維は生活習慣病の予防になりますので、いつもの食事に取り入れていきたいと思います。

このように、炭水化物が多いうどんは、消化に良いとわかりました。

薄味に留意して、美味しく頂きます。