筋トレを限界まで追い込めるサプリメント

私が紹介するのは筋トレに非常に効果的なサプリメントを紹介したいと思います。普段筋トレをしている人は仕事帰りに少し体を鍛える目的でジムに通うライトなサラリーマンの方が多いと思います。

メイプアップの効果と口コミ評価!市販の販売店では購入可能?

私はサラリーマンの傍らキックボクシングにハマってしまいプロデビューしたことがあるのですが、そんな激しい練習の中でも筋トレとは切っても切れない関係でした。筋トレは正直練習もしんどいのにやりたくないと思っていたのですが、あるサプリメントを摂取するとやる気が回復してハードなトレーニングでも乗り越えることができました。それが今回紹介するハレオから発売されているラプターというサプリメントです。

筋トレ後はプロテインを飲むのはもはや常識ですが、このラプターというサプリメントはHMB配合されており、飲むことで不思議なことにやる気がわいてきます。このサプリメントの驚くところはこのサプリを飲んだ後に筋トレするといつもよりもはるかに追い込みすることができるのです。

具体的には疲れにくくなると言ってよいのですが本当にすごいサプリメントです。サラリーマンで仕事終わりに行くのがつらいという方には是非お勧めしたいサプリメントです。定価が1万3千円とかなり高額ですが、気になる方は試してみてください。

筋トレのメニューの基本

ジムに通ってある程度筋トレに慣れてくると、筋トレのメニューを自分で決めたくなっちゃいますよね。ただ、実際にどういう基準で決めればいいか全く分からない人も中にはいるかと思います。今回は効率よく筋トレしていく為のメニューの組み方を紹介していきます。

鍛神HMBの悪評や悪い口コミは本当?効果なしの評判を購入して検証!

まず初めに、筋トレのメニューは部位別で1週間単位で分けます。筋肉は破壊と回復を繰り返して大きくなっていきます。なので、部位別で1週間単位のメニューを作ってトレーニングしていけば、効率的に筋肉を大きくすることが出来ます。また、1週間単位で考えると仕事や学校のスケジュールと合わせやすくなり、三日坊主で終わる事が少なくなるメリットもあるのです。

さて、次は実際にメニューを組んでいきます。人間の筋肉は大きく分けて腕・胸・腹・背中・足の五種類あります。これを自分が1週間に出来る筋トレ日数に割り振ればいいだけです。週三回の人は腕背中、胸、背中足のように分けて筋トレしていけば効率的に筋肉を大きくしていく事が出来ます。

最後に、どの筋トレをメニューに入れるべきかを紹介します。これをやらないと筋トレじゃない!と言っても過言ではない三大筋トレ、デッドリフト・スクワット・ベンチプレスを必ず1日のメニューに1つは入れましょう。
これはほとんど多くの筋トレをしている人がやっています。あなたもこれを参考にメニューを組んでみてはいかがでしょうか。

筋トレを始めたきっかけ

筋トレを始めたきっかけは、楽しくダイエットをしたかったから。メイプアップの効果

ただ漠然と「痩せたい」と思っていてもモチベーションにはなりませんし、何よりもスポーツがただ苦でしかなく、続くことも出来なかったからです。

私がまさに以前そんな状態でしたが、筋トレを始めようと決めてからすっかりはまってしまい、ピーク時は出勤前・退勤後と、毎日2回もジムに行ってたものです。

筋トレは痩せるだけではなく、ボディラインもきれいに整えられるので、そこに魅力を感じました。

健康的にシェイプアップが出来る。これは目標が明確化され、それに向かって具体的に計画を立てて運動していけるのがとても楽しいです。

また、私はジムでトレーニングをしていますが、自分と同じように一生懸命運動している方々を見ると、とても励まされて力になり、それが更にモチベーションアップにつながりました。

使い方が分からないマシンについては、トレーナーの方が丁寧に教えてくれますし、初心者でも簡単に筋トレを始めることが出来ました。

最初は続けるかどうか不安でしたが、かれこれ数年トレーニングを継続出来ています。

トレーニング前と比べ、疲れにくい身体になった気がしますし、力もつき、重い物も楽々運べるようになりました。

筋トレって楽しい!

トレーニングの証し兼愛着

長年、レジスタンストレーニングに親しんでいる。http://vulcancanarias.com/

つい先日、シットアップベンチをついに手直し修理。ベンチはもうかれこれ10年以上前、コアトレ用にネット買いした1台だ。5千円前後だったかな。意外と安く手に入ったのを覚えている。

そんなベンチも形あるもの。いずれは劣化して、傷んでくる。

年々、トレーニングの仕方も捻出できる時間やコンディション次第で変化を遂げてきたし、これからもそう。

シットアップベンチでこなすレジスタンスメニューも、買った当初と今とじゃずいぶん違うものだ。

頻度、強度、身体の声の聞き方、休み方、食べ方。当初より頻度が落ちた分、一回の負荷強度は強くなった感じ。頻度を下げたからって、やってる限りは必ず傷むベンチ。それで先日、ついに手直し修理ということに(笑)。とはいえ何ら特別なことをしたわけじゃなく、シンプルに補修テープでぐるぐる巻きにしたスポンジ部分。足を引っかける部分のスポンジだけど、もはや長年の使い込みにより相当ボロッボロになっていまして(笑)。

足を引っかけてコアトレする度、スポンジがボロボロ落ちていった結果だ。ボロくなったスポンジ部分では、足の引っかけ固定具合も不安定。ということで安全のためにも補修~。でもこのボロさ加減にかえって愛着があり、もはやベンチ自体パートナーみたいなもの。それだけやり込んだ証しでもあるし、これからも自分の体と協力&愛着&信頼関係を深めるために活躍してくれるトレーニングパートナー。

そういう意味でも新しいベンチは買う気になれないんだなぁ(笑)。お手頃価格であろうと、別にケチってるとかじゃなくてやっぱり器具に愛着がある限りは、ねぇ~。みたいなところがある存在(笑)。

・・・な事を、昨日いつものコアトレを終えていま一度たたんだベンチを見つめながら思った。みっちり1時間ちょっとの時間は長いようであっという間!これからも都度コンディションに寄り添って、パワフルで充実のコアトレを続けたい。

筋トレ初心者は、辛かったら難易度を下げる!

筋トレをしたい方はストイックだったり自分に厳しい性格、負けず嫌いの性格の方が多いと思います。なので、辛すぎる動作や負荷の高いトレーニングにも黙々と取り組んでしまう傾向があると思いますが、筋トレ初心者のうちは、辛かったら一旦難易度や負荷を下げることも必要ですよ!

鍛神HMBは市販の店舗で購入可能?3ヶ月飲んだ効果と私の口コミ評価!

ジムなどで専門家の指導を受けている方は当てはまりませんが、特に自宅で1人で行っている場合には、大事な点だと思います!関節に思わぬ負担がかかって、健康になるためにやっているのに腱や軟組織を傷めてしまったり、筋肉痛ではなく変な痛みが出るようになっては元も子もありません。

かくいうわたし自身が、スクワットの仕方が少し違っていたために、膝を傷めかけました。専門家として、関節の組織構造や動く方向、負荷のかかり方などを詳しく知っているわけでもないのに、いつの間にか我流になっていることに気づかず続けていた、痛みなどのサインも出ていたのにそれを無視することをストイックだと勘違いしていた、という例です。

膝もそうですが関節はどこも、何十年も使っていく大事な身体のポイントです。自分に見合わない難易度の筋トレを続けるのではなく、負荷を下げ簡易的にトレーニングにとどめておくという判断力も、必要ですね。